いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

「おいしいコーヒーのいれ方Ⅲ 彼女の朝」

佐恵子おばさん(かれんの母親)が一時帰国してから、2人きりでゆっくり話すことができないショーリとかれん(まだ双方の親には内緒の中の内緒)だったけど、2人で老人ホームのおばあちゃん(このおばあちゃんも重要な役回りです。)を見舞った帰りの電車が不通になってしまう。ショーリとかれんは外泊することに・・・。
この巻でも、村山さんの中にいる“男の子”が大変ていねいに心理描写をしてくれます。その結果は・・・?
読んでみてくださいね。
[PR]
by 1961ns | 2005-01-29 15:51 | お気に入りの本