いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

廃用身 久坂部 羊

出版社/著者からの内容紹介
廃用身とは、麻痺して動かず回復しない手足をいう。漆原医師の究極の医療「Aケア」とはそれらを切断することだった! すぐそこにある、家族と医療の現実を予言する、衝撃の極近未来小説!

悪魔による究極の老人虐待か、それとも奇跡の療法か? …

納得させられる部分もあります。そこまでするか?…という部分もあります。
後半はサスペンス小説になっていきますね。起こりえるかも…。
b0058808_1241885.jpg

[PR]
by 1961ns | 2006-03-12 12:41 | お気に入りの本