いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

無痛 久坂部羊

毎回この人の作品を読むと思うのですが、どこまでが現実でどこまでがフィクションなのか、そこがこの人の作品のおもしろさだと思います。

最後にもう一ひねりを期待してしまったのは、僕だけではないと思います。
でも、おもしろい。
b0058808_13212569.jpg


内容(「BOOK」データベースより)
見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条―。神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。そして八カ月後、精神障害児童施設に収容されている十四歳の少女が、あの事件の犯人は自分だと告白した、が…。

内容(「MARC」データベースより)
一目で症状がわかる2人の天才医師、「痛み」の感覚を持たない男、別れた妻を追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した14歳の少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条。罪なき罰と、罰なき罪。悪いのは誰だ
[PR]
by 1961ns | 2007-01-07 13:21 | お気に入りの本