いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

13階段 高野和明

結構文章が易しく、さくさく読めました。

ひとりの死刑囚の冤罪を晴らしていく小説ですが、結構生々しい描写も出てきます。
死刑を実行するためには、いろいろな、本当にいろいろな人々がかかわっているんだなあと素直に思いました。
死刑というのは、それほどの大変なことだと始めて思いました。
刑務官の仕事、検察官の仕事、検察庁の仕事・・・とても重過ぎて僕には出来ません。
死刑存続とか、死刑廃止とか、簡単に考えていた方はぜひ読んでみてください。
b0058808_12314084.jpg


※出版社/著者からの内容紹介※
第47回江戸川乱歩賞受賞作!

選考委員が満場一致で選出!

無実の死刑囚を救い出せ。期限は3ヵ月、報酬は1000万円。喧嘩で人を殺し仮釈放中の青年と、犯罪者の矯正に絶望した刑務官。彼らに持ちかけられた仕事は、記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすことだった。最大級の衝撃を放つデッド・リミット型サスペンス!


内容(「BOOK」データベースより)
無実の死刑因を救い出せ。期限は3ヵ月、報酬は1000万円。喧嘩で人を殺し仮釈放中の青年と、犯罪者の矯正に絶望した刑務官。彼らに持ちかけられた仕事は、記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすことだった。最大級の衝撃を放つデッド・リミット型サスペンス!第47回江戸川乱歩賞受賞作。
[PR]
by 1961ns | 2007-02-13 12:31 | お気に入りの本