いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

ハンニバル 読み返し

ふと思って読み返してみました。

一気読みでしたね。

ビデオもありましたので、見てみました。

う~~~ん 面白い!!そして怖いわ!

b0058808_2258381.jpg


内容(「BOOK」データベースより)
あの血みどろの逃亡劇から7年―。FBI特別捜査官となったクラリスは、麻薬組織との銃撃戦をめぐって司法省やマスコミから糾弾され、窮地に立たされる。そこに届いた藤色の封筒。しなやかな手書きの文字は、追伸にこう記していた。「いまも羊たちの悲鳴が聞こえるかどうか、それを教えたまえ」…。だが、欧州で安穏な生活を送るこの差出人には、仮借なき復讐の策謀が迫っていた。


b0058808_22583659.jpg


内容(「BOOK」データベースより)
FBIアカデミイの訓練生スターリングは、9人の患者を殺害して収監されている精神科医レクター博士から〈バッファロゥ・ビル事件〉に関する示唆を与えられた。バッファロゥ・ビルとは、これまでに5人の若い女性を殺して皮膚を剥ぎ取った犯人のあだ名である。「こんどは頭皮を剥ぐだろう」レクター博士はそう予言した…。不気味な連続殺人事件を追う出色のハード・サスペンス。
[PR]
by 1961ns | 2007-05-23 23:01 | お気に入りの本