いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お気に入りの本( 86 )

永遠の途中 唯川恵

2人の女性の27才から60才までの友情?物語です。

『薫』と『乃梨子』人生を仕事に生きようと決めた、2人のキャリアウーマンのお話。

男にとって、結婚・子育てとそんなに深刻には考えませんけど、こういう本を読むと女性にとっては、本当に”人生の分かれ道”になっていることが実感できます。

僕はわりに楽天家なんですけど、人生の勝ち負けは、その人本人の”満足度”なんじゃないかな?なんて軽く考えています。

そう肩ひじ張らずにね。

b0058808_13375223.jpg


出版社/著者からの内容紹介
どうしてもっと、自分の生き方に自信を持って来なかったのだろう。あなたのつぶやきは、誰に届くの? 「もし、あの時ああしてたらって、自分のもうひとつの人生を勝手に想像して、それに嫉妬してしまうのね。 何だか、いつも生きてない方の人生に負けたような気になっていたの。 そんなもの、どこにもないのに、人生はひとつしか生きられないのに」--本文より

内容(「BOOK」データベースより)
どうしてもっと、自分の生き方に自信を持って来なかったのだろう。あなたのつぶやきは、誰に届くの?直木賞作家・唯川恵、待望の最新作!長編小説。
[PR]
by 1961ns | 2008-03-13 13:45 | お気に入りの本

Deep Love [完全版] 

第1部 アユの物語 by Yoshi

結構ハードな内容が、淡々と書かれています。

さすがケータイ小説ですので、スピィーディに物語が進みます。

17才 天使にも悪魔にもなれます。

どちらが本当の『アユ』?

どちらも本当の『アユ』

b0058808_1255575.jpg


内容(「BOOK」データベースより)
2000年、春。渋谷の高校生たちの間で、1人の少女が伝説となりました。彼女の名前は『アユ』。ケータイサイトで発表された連載小説『Deep Love』の主人公。援助交際をする17歳の少女。人から愛されること、人を愛することを知らず、生きることに何の意味も見い出せないアユ。笑顔を、涙を忘れていたアユ。しかし、ひとつの出会いをきっかけに、傷つきながらも少しずつ心を取り戻し、愛を見つけ出していく…。そんなアユの姿に共鳴した読者により、『Deep Love』の存在は口コミで広まり、サイトへのアクセス数は実に2000万件を突破。アユに共感し、涙した読者から何万通ものメールが寄せられました。そこにつづられているのは、冷めた世代といわれている少年、少女達の隠された心の叫び…。連載されていたアユの物語に加え、アユとともに変わっていく周囲の大人たちや恋人、友達の物語も同時収録。ケータイ小説、待望の完全版。

内容(「MARC」データベースより)
援助交際をする17歳の少女。笑顔を、涙を忘れていたアユ。しかし、ひとつの出会いをきっかけに、傷つきながらも少しずつ心を取り戻し、愛を見つけ出していく…。渋谷の街を席捲した、ケータイサイトで発表された連載小説。

--------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by 1961ns | 2008-03-13 12:55 | お気に入りの本

臨場(再読) 横山秀夫

やっぱり…
文庫 買ってしまいました。
前は、図書館で借りたんですけどもね。

『終身検死官 倉石義男』
かっこよすぎですね。

「赤い名刺」
「眼前の密室」
「鉢植えの女」
「餞(はなむけ)」
「声」
「真夜中の調書」
「黒星」
「十七年蝉」

やっぱり、「黒星」が最高ですね。!

b0058808_1259272.jpg


BOOKレビュー
臨場―警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。
捜査一課調査官・倉石義男は死者からのメッセージを的確に掴み取る。
誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、また、殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。
人呼んで『終身検死官』―。
組織に与せず、己の道を貫く男の生き様を、ストイックに描いた傑作警察小説集。
全八編。
[PR]
by 1961ns | 2008-02-17 13:02 | お気に入りの本

陰陽師 夜光杯ノ巻 夢枕獏

月琴姫
花占の女
龍神祭
月突法師
無呪
みみずく法師
食客下郎
魔鬼物小僧
浄蔵恋始末

陰陽師の短編集です。
「みみずく」は漢字なんですが、変換できません。

IMEパッドは使えなかったですかね?

わかりません。

まあ、とにかく 清明と博雅の掛け合いは、ほのぼのしますね。

「行かぬのか」
「む」
「・・・を見たくはないのか・・・」
「み、見たい」
「ならばよいではないか。・・・」
「う、うむ」
「ゆくか」
「うむ」
「ゆこう」
「ゆこう」
そういうことになった。

なんかいいですね。

■内容 
b0058808_20383221.jpg

[要旨]
晴明の呪、博雅の笛が京の闇に響くとき―若き陰陽師・安倍晴明と雅楽の名手・源博雅が龍神、幽鬼、獄卒、怨霊たちが引き起こす怪事件を鮮やかに解決する大人気シリーズ。全9篇を収録。
[PR]
by 1961ns | 2008-01-31 20:38 | お気に入りの本

つぶやき

b0058808_12453548.jpg


魔獣狩りシリーズというのがあります。もう20年以上も続いている物語なんですが、この間に漫画化も何回かされています。

でもいま一つ、この物語の面白さを出せていないような気がします。コミックを見ただけの方はぜひ原作もお読みください。

とてつもなく面白い。です。

http://mypta.exblog.jp/1559907/
[PR]
by 1961ns | 2008-01-14 12:51 | お気に入りの本

範馬刃牙11&10.5

b0058808_12385779.jpg
こちらの板垣恵介先生も終わらないお話が好きそうで…。

範馬刃牙11巻&10.5巻です。
10.5巻の方は『ピクル』と言いまして、外伝だそうです。

地上最強親子げんかでフィナーレに続くはずが、史上(歴史上)最強の人類が現れたわけですね。
終わりませんね話が・・・。

でも、おもしろいです。

b0058808_12382124.jpg

[PR]
by 1961ns | 2008-01-14 12:39 | お気に入りの本

乙一

b0058808_12412471.jpg
GOTH 夜の章&GOTH 僕の章(角川文庫)

主人公は”僕”として話が進んでいきます。
短編一話完結ですが、”僕”と森野夜が中心の物語です。

天才 『乙一』を一度皆さんにも…。


出版社 / 著者からの内容紹介
連続殺人犯の日記帳を拾った森野夜は、次の休日に未発見の死体を見物に行こうと「僕」を誘う…。人間の残酷な面を覗きたがる者〈GOTH〉を描き本格ミステリ大賞に輝いた乙一の出世作。「夜」を巡る短篇3作を収録。

内容(「BOOK」データベースより)
森野夜が拾った一冊の手帳。そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。これは、最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、犯行現場に立ちすくんでいるはずだ。「彼女に会いにいかない?」と森野は「僕」を誘う…。人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち―“GOTH”を描き第三回本格ミステリ大賞に輝いた、乙一の跳躍点というべき作品。「夜」に焦点をあわせた短編三作を収録。
b0058808_1241408.jpg

[PR]
by 1961ns | 2007-12-31 12:47 | お気に入りの本

餓狼伝21巻

12月21日に出てました。

北辰館トーナメント 決勝戦の組み合わせが決まります。

彼と彼ですね。やっぱりね。

まあ、今回も板垣ワールド満載です。

b0058808_10373634.jpg

[PR]
by 1961ns | 2007-12-31 10:37 | お気に入りの本

容疑者Xの献身(再読)

月9ドラマ 人気でしたよね。
『ガリレオ』
ということで、『容疑者X・・・』を読み返してみました。

前のときは、ガリレオこと湯川学のことを知らずに読みました。

ストーリーにすごく感動しましたが、テレビを見てから読むとまた違った新鮮さがありました。
頭の中で映像が浮かぶと、話しにも入って行きやすいと素直に思ってしまいました。

サクサク読めます。お勧めです。

※出版社 / 著者からの内容紹介
数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ
天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか

※内容(「BOOK」データベースより)
これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。いやそもそも、この世に存在することさえ知らなかった。運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。
[PR]
by 1961ns | 2007-12-27 08:22 | お気に入りの本

ハンニバル 読み返し

ふと思って読み返してみました。

一気読みでしたね。

ビデオもありましたので、見てみました。

う~~~ん 面白い!!そして怖いわ!

b0058808_2258381.jpg


内容(「BOOK」データベースより)
あの血みどろの逃亡劇から7年―。FBI特別捜査官となったクラリスは、麻薬組織との銃撃戦をめぐって司法省やマスコミから糾弾され、窮地に立たされる。そこに届いた藤色の封筒。しなやかな手書きの文字は、追伸にこう記していた。「いまも羊たちの悲鳴が聞こえるかどうか、それを教えたまえ」…。だが、欧州で安穏な生活を送るこの差出人には、仮借なき復讐の策謀が迫っていた。


b0058808_22583659.jpg


内容(「BOOK」データベースより)
FBIアカデミイの訓練生スターリングは、9人の患者を殺害して収監されている精神科医レクター博士から〈バッファロゥ・ビル事件〉に関する示唆を与えられた。バッファロゥ・ビルとは、これまでに5人の若い女性を殺して皮膚を剥ぎ取った犯人のあだ名である。「こんどは頭皮を剥ぐだろう」レクター博士はそう予言した…。不気味な連続殺人事件を追う出色のハード・サスペンス。
[PR]
by 1961ns | 2007-05-23 23:01 | お気に入りの本