いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お気に入りの本( 86 )

陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎

さくさく読めます。登場人物も個性的です。
映画も楽しみですね。

内容(「BOOK」データベースより)
『嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった…はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ!奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス。』
b0058808_11233033.jpg

[PR]
by 1961ns | 2006-09-19 11:24 | お気に入りの本

容疑者Xの献身 東野圭吾

数学教師の石神は、アパートの隣人に好意を寄せていた。
その隣人が殺人を犯してしまう。それを知った石神は彼女をかばうために完璧な計画を立てるが・・・。

石神の完璧な隠蔽工作が秀逸です。そして最後には泣いてしまいました。
文章も読みやすくスラスラ読めました。

内容(「BOOK」データベースより)
『これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。いやそもそも、この世に存在することさえ知らなかった。運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。』
b0058808_11174918.jpg

[PR]
by 1961ns | 2006-09-19 11:17 | お気に入りの本

誰よりもつよく抱きしめて 新堂冬樹

あの「溝鼠」の新堂さんの本ですが…。
この人 絶対に二重人格ですね。強く思いました。この作品を読んで…。

で、この本の内容ですが、
結婚生活8年目の妻水島月菜と夫の水島良城の物語です。
良城は童話作家ですが、「不潔潔癖症」と「不完全潔癖症」という病気で、何に対しても”ラップ”を掛けないと触れない、もちろん妻の体にも…。
月菜は、そんな夫を本当に献身的に支えてきたのですが、そこに双方に異性が現れてきて、物語が始まるわけです。

ありがちなストーリーですが、最後には泣いてしまいました。
ちょっとちがうラストが、秀逸だと思いました。

連れ合いの気持ちが少しわからなくなったときに、ぜひ。
b0058808_12483962.jpg

[PR]
by 1961ns | 2006-09-10 12:49 | お気に入りの本

ヘヴンリー・ブルー 村山由佳

思わず買ってしまいました。
なかなか新作が出ないから。

あっという間に読んでしまいました。もう少し読ませてください。村山先生。
b0058808_15154751.jpg

[PR]
by 1961ns | 2006-09-03 15:12 | お気に入りの本

ため息の時間 唯川恵

この本のあとがきから紹介します。

あとがき

女はいつも寂しがって生きている。
男はいつも悔しがって生きている。
それを聞いた時、決して交わることのない、男と女の在り方を感じたように思います。
男の視点で女を描く。
ずっとやってみたかったことのひとつです。
ゆっくりと、時間をかけて、一遍ずつ書き留めてきました。
私にとって、みな、いとしい男たちであり、同様に、たとえどんな残酷な仕打ちをする女であっても、やはり愛しい存在です。
男と女。
愛したことが間違いなんじゃない。ただ少し、愛し方を間違えただけ。
何があっても、性懲りもなく、惹かれあってしまう男と女がいる限り、恋愛小説は書き続けられるでしょう。

唯川恵
b0058808_10452011.jpg


短編集ですが、なかなかに読ませます。
女の人って本気になると怖いですよね。・・・
[PR]
by 1961ns | 2006-04-17 10:46 | お気に入りの本

獅子の門 雲竜編

きましたねぇ。獏先生。
久々に読ましていただきました。ガッツリと・・・。

と今回はいいのですが、またまた新しい登場人物が出てしまいましたねぇ。
先生 だめですよぉ。また話が長くなっちゃいますよぉ。
きっと終わらせたくないんですね、話を・・・。

というわけで、まだまだ彼らの戦いは続きます。やっほー。
(餓狼伝とともに)
b0058808_19415172.jpg

[PR]
by 1961ns | 2006-04-02 19:41 | お気に入りの本

キマイラ青龍変 夢枕獏

出版社 / 著者からの内容紹介
大鳳と久鬼を捜し、キマイラ化を見極めようとする龍王院弘。この「伯爵病」の格闘家は、いかにしてその能力に目覚めたのか!? そこには、あの宇奈月典善がいた。夢枕獏のライフワーク「キマイラ吼」シリーズ、待望の最新刊。

ごっちりと宇奈月典善と龍王院弘の話です。

b0058808_20524133.jpg

[PR]
by 1961ns | 2006-03-12 13:00 | お気に入りの本

廃用身 久坂部 羊

出版社/著者からの内容紹介
廃用身とは、麻痺して動かず回復しない手足をいう。漆原医師の究極の医療「Aケア」とはそれらを切断することだった! すぐそこにある、家族と医療の現実を予言する、衝撃の極近未来小説!

悪魔による究極の老人虐待か、それとも奇跡の療法か? …

納得させられる部分もあります。そこまでするか?…という部分もあります。
後半はサスペンス小説になっていきますね。起こりえるかも…。
b0058808_1241885.jpg

[PR]
by 1961ns | 2006-03-12 12:41 | お気に入りの本

死神の精度 伊坂幸太郎

内容(「MARC」データベースより)
「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。『オール読物』等掲載を単行本化。


「自殺及び病死以外は1週間前に”私”が対象者のもとへ現れて、調査し【可】か【見送り】かを情報部へ報告します。【可】とした人には翌日に死が訪れます。」

”私”が担当した6つの出来事が掲載されています。伊坂さんの中でもわかりやすい本の上位にきます。
読みやすく、僕の好きな”ふふふん”という微笑が所々で出てしまいます。
読後感もさわやかです。ぜひ一度…。
b0058808_955597.jpg

[PR]
by 1961ns | 2006-03-05 09:55 | お気に入りの本

魔王 伊坂幸太郎

b0058808_1084717.jpg
出版社 / 著者からの内容紹介
「小説の力」を証明する興奮と感動の新文学
不思議な力を身につけた男が大衆を扇動する政治家と対決する「魔王」と、静謐な感動をよぶ「呼吸」。別々の作品ながら対をなし、新しい文学世界を創造した傑作!

首相まで上り詰めた犬養という男のせりふ
「おまえは、日本の歴史をどこまで知っている?日本のアジアでの位置づけを、世界との関わりを、オレよりも考えているのか?それならば意見を聞こう。」
「もし万が一、お前の考えが、そこらのインターネットで得た知識や評論家の物言いの焼き増しだったら、俺は、お前に幻滅する。おまえは、おまえが誰かのパクリでないことを証明しろ。」

主人公はこの犬養ではないんですが、このほかにも考えさせられるせりふが出てきます。
まだ続きがありそうな終わり方も気になりますね。
[PR]
by 1961ns | 2006-02-27 10:08 | お気に入りの本