いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

サマーバレンタイン 唯川恵

Summer Valentine

「どうしてバレンタインは2月14日しかないのかしら。」
この小説はそんな女性の呟きから生まれました。
 ~あとがきより~

3冊目です。
最後はとりあえず小さなハッピーエンドです。この人の小説は…。

小説の中で主人公が姉に、
「どうして彼と結婚したの?」
と聞いたとき、姉がこう答えます。
「幸福ってものは世の中に存在しないんじゃないかって思うの。不幸はあるのよ。それは現実として存在してるの。でも幸福はないの。ないっていうのはね。つまり、幸福っていうのは現象じゃないってこと。どんなことでもいい、それを幸福と感じられるかどうかで決まるの。」

自分が幸福と感じたとき、人は幸福になれる。自分もそう思います。
b0058808_16102832.jpg

[PR]
by 1961ns | 2005-12-24 16:10 | お気に入りの本

29’s イブの憂鬱 唯川恵 

29歳のとき自分は何をしていただろう。
そんなことをずっと考えながら、この小説を書きました。
 ~あとがきより~

2冊目です。
人生とは、何かをしなければと思いながら生きていくことでしょうか?
自分は何もしていないと、時間にただ流されていると思い込みすぎないほうが、いいのでは…?

無意識のうちにも人間は何かを成し遂げていくものだと、ちょっと思ってしまいました。
b0058808_15583194.jpg

[PR]
by 1961ns | 2005-12-24 15:58 | お気に入りの本

今年度最終号

教育文化委員会を開催しました。

今年度最終号を検討しました。
『卒業生記念号』なんですけどね。

卒業する生徒たちの”今”の気持ちをなんかいい感じで、載せたいと思ってます。
同じく親たちからの”励まし”とか”親の気持ち”とか、とにかくいい感じの載せ方を探しています。
[PR]
by 1961ns | 2005-12-19 10:06 | 単P活動

唯川恵 『燃えつきるまで』

初めて読んでみました。この作家さん。
スラスラと読めた、きれいな文章運びでした。

独身男女の恋愛感の違いというか、女性はここまで・・・。

というのが男として読んだ感想です。サスペンス読みすぎの自分としては、登場人物の一人を最後に疑ってしまったことを反省しています・・・。

もう一冊読まないとね。
b0058808_958329.jpg

[PR]
by 1961ns | 2005-12-19 09:58 | お気に入りの本

震度0 横山秀夫

著者からのメッセージ
「情報は時として魔物と化す。この小説の主人公は”情報”かもしれない。」

阪神大震災の起こった日、700km離れたN県警で警務課長が失踪する。組織の要で人望もある人物です。
本部長を筆頭に警務部長、刑事部長、警備部長、公安部長、交通部長など幹部たちが利害関係で対立し、事件か事故かもなかなかつかめない。

なせ失踪したのか?何処に行ったのか…?

キャリア、準キャリア、叩き上げなど幹部それぞれがいろんなキャラクターでおもしろかったです。ほんとにこんなのかな?とか思ってしまいます。
b0058808_1554087.jpg

[PR]
by 1961ns | 2005-12-03 15:52 | お気に入りの本

村山由佳

読んでないなあ…。最近。。。
[PR]
by 1961ns | 2005-12-03 15:38 | つぶやき