いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

臨場(再読) 横山秀夫

やっぱり…
文庫 買ってしまいました。
前は、図書館で借りたんですけどもね。

『終身検死官 倉石義男』
かっこよすぎですね。

「赤い名刺」
「眼前の密室」
「鉢植えの女」
「餞(はなむけ)」
「声」
「真夜中の調書」
「黒星」
「十七年蝉」

やっぱり、「黒星」が最高ですね。!

b0058808_1259272.jpg


BOOKレビュー
臨場―警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。
捜査一課調査官・倉石義男は死者からのメッセージを的確に掴み取る。
誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、また、殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。
人呼んで『終身検死官』―。
組織に与せず、己の道を貫く男の生き様を、ストイックに描いた傑作警察小説集。
全八編。
[PR]
by 1961ns | 2008-02-17 13:02 | お気に入りの本