いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ランナー あさのあつこ

この人はどうして、ただの若者を苦行僧のように描けるのだろうか?

たかが16才・17才の若者をここまで大人に描くのだろうか?

ただ、走るのが好きなだけの高校生に、ここまでの苦しみが必要なのですか?

大変 好きな作家さんで、大ファンなんですが、時々「深すぎないですか?」なんて思ってしまいます。

軽すぎてもダメなんですが・・・。

天才ランナー『碧季(あおい)』とその妹『杏樹(あんじゅ)』の物語です。

b0058808_13451148.jpg


出版社 / 著者からの内容紹介
『バッテリー』を凌駕する、新たなる代表作!

この文体、この勢い、あさのワールドのまっただ中!
そしていつもの数倍、心に迫ってくる圧倒的なエンディング。
『バッテリー』を軽く超えちゃったね!
ーー金原瑞人氏(翻訳家・法政大学教授)

この作品は、現代の『走れメロス』だ。
かすかにでも、信じられる愛があるならば、碧李よ走れ。「メロス」と
なれ。
ーー茂木健一郎氏(脳科学者)

〈あらすじ〉
「おれは走れないんじゃない、走らないだけだ、そう信じたくて、逃げ
ちまったんだ」
長距離走者として将来を嘱望された高校一年生の加納碧李(ルビ:あお
い)は、複雑な境遇の妹を案じ、陸上部を退部することを決意した。
だがそれは、たった一度レースに負けただけで走ることが恐怖となって
しまった自分への言い訳だった。
走ることから、逃げた。逃げたままでは前に進めない。
碧李は、再びスタートラインを目指そうとする----。

〈著者のコメント〉
 長距離走は、否応なく自分と向き合ってしまうスポーツです。走るこ
と以外には何もいらない、たった一つの肉体としての自分がいる。そん
な少年を描いてみたいと思ったんです。そしてその周りにいる様々な人
間たちを描いてみたい。子供と大人、男と女、様々な人間が抱えるドラ
マを書きたいと思ったんです。(「パピルス」13号インタビュー
より)

〈著者紹介〉
あさのあつこ
1954年岡山県生まれ。「バッテリー」で野間児童文芸賞、「バッテリー
2」で日本児童文学者協会賞、「バッテリー1~6」で小学館児童出版
文化賞を受賞。歴史小説やミステリーにも活躍の幅を広げ、他の作品に
『弥勒の月』『No.6』『地に埋もれて』『The MANZAI』
など多数。
[PR]
by 1961ns | 2008-03-13 13:45 | お気に入りの本

永遠の途中 唯川恵

2人の女性の27才から60才までの友情?物語です。

『薫』と『乃梨子』人生を仕事に生きようと決めた、2人のキャリアウーマンのお話。

男にとって、結婚・子育てとそんなに深刻には考えませんけど、こういう本を読むと女性にとっては、本当に”人生の分かれ道”になっていることが実感できます。

僕はわりに楽天家なんですけど、人生の勝ち負けは、その人本人の”満足度”なんじゃないかな?なんて軽く考えています。

そう肩ひじ張らずにね。

b0058808_13375223.jpg


出版社/著者からの内容紹介
どうしてもっと、自分の生き方に自信を持って来なかったのだろう。あなたのつぶやきは、誰に届くの? 「もし、あの時ああしてたらって、自分のもうひとつの人生を勝手に想像して、それに嫉妬してしまうのね。 何だか、いつも生きてない方の人生に負けたような気になっていたの。 そんなもの、どこにもないのに、人生はひとつしか生きられないのに」--本文より

内容(「BOOK」データベースより)
どうしてもっと、自分の生き方に自信を持って来なかったのだろう。あなたのつぶやきは、誰に届くの?直木賞作家・唯川恵、待望の最新作!長編小説。
[PR]
by 1961ns | 2008-03-13 13:45 | お気に入りの本

Deep Love [完全版] 

第1部 アユの物語 by Yoshi

結構ハードな内容が、淡々と書かれています。

さすがケータイ小説ですので、スピィーディに物語が進みます。

17才 天使にも悪魔にもなれます。

どちらが本当の『アユ』?

どちらも本当の『アユ』

b0058808_1255575.jpg


内容(「BOOK」データベースより)
2000年、春。渋谷の高校生たちの間で、1人の少女が伝説となりました。彼女の名前は『アユ』。ケータイサイトで発表された連載小説『Deep Love』の主人公。援助交際をする17歳の少女。人から愛されること、人を愛することを知らず、生きることに何の意味も見い出せないアユ。笑顔を、涙を忘れていたアユ。しかし、ひとつの出会いをきっかけに、傷つきながらも少しずつ心を取り戻し、愛を見つけ出していく…。そんなアユの姿に共鳴した読者により、『Deep Love』の存在は口コミで広まり、サイトへのアクセス数は実に2000万件を突破。アユに共感し、涙した読者から何万通ものメールが寄せられました。そこにつづられているのは、冷めた世代といわれている少年、少女達の隠された心の叫び…。連載されていたアユの物語に加え、アユとともに変わっていく周囲の大人たちや恋人、友達の物語も同時収録。ケータイ小説、待望の完全版。

内容(「MARC」データベースより)
援助交際をする17歳の少女。笑顔を、涙を忘れていたアユ。しかし、ひとつの出会いをきっかけに、傷つきながらも少しずつ心を取り戻し、愛を見つけ出していく…。渋谷の街を席捲した、ケータイサイトで発表された連載小説。

--------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by 1961ns | 2008-03-13 12:55 | お気に入りの本