いろいろ思うこと。

mypta.exblog.jp
ブログトップ

乙一

b0058808_12412471.jpg
GOTH 夜の章&GOTH 僕の章(角川文庫)

主人公は”僕”として話が進んでいきます。
短編一話完結ですが、”僕”と森野夜が中心の物語です。

天才 『乙一』を一度皆さんにも…。


出版社 / 著者からの内容紹介
連続殺人犯の日記帳を拾った森野夜は、次の休日に未発見の死体を見物に行こうと「僕」を誘う…。人間の残酷な面を覗きたがる者〈GOTH〉を描き本格ミステリ大賞に輝いた乙一の出世作。「夜」を巡る短篇3作を収録。

内容(「BOOK」データベースより)
森野夜が拾った一冊の手帳。そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。これは、最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、犯行現場に立ちすくんでいるはずだ。「彼女に会いにいかない?」と森野は「僕」を誘う…。人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち―“GOTH”を描き第三回本格ミステリ大賞に輝いた、乙一の跳躍点というべき作品。「夜」に焦点をあわせた短編三作を収録。
b0058808_1241408.jpg

[PR]
# by 1961ns | 2007-12-31 12:47 | お気に入りの本

餓狼伝21巻

12月21日に出てました。

北辰館トーナメント 決勝戦の組み合わせが決まります。

彼と彼ですね。やっぱりね。

まあ、今回も板垣ワールド満載です。

b0058808_10373634.jpg

[PR]
# by 1961ns | 2007-12-31 10:37 | お気に入りの本

容疑者Xの献身(再読)

月9ドラマ 人気でしたよね。
『ガリレオ』
ということで、『容疑者X・・・』を読み返してみました。

前のときは、ガリレオこと湯川学のことを知らずに読みました。

ストーリーにすごく感動しましたが、テレビを見てから読むとまた違った新鮮さがありました。
頭の中で映像が浮かぶと、話しにも入って行きやすいと素直に思ってしまいました。

サクサク読めます。お勧めです。

※出版社 / 著者からの内容紹介
数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ
天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか

※内容(「BOOK」データベースより)
これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。いやそもそも、この世に存在することさえ知らなかった。運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。
[PR]
# by 1961ns | 2007-12-27 08:22 | お気に入りの本

長く休んでしまいました。

本ブロに登録していただいたので、がんばらねば!

夢枕獏先生、新作はいいですから続きをお願いしますね。

『シナン』の文庫を急いで買わねば・・・。
[PR]
# by 1961ns | 2007-12-24 15:50 | つぶやき

ハンニバル 読み返し

ふと思って読み返してみました。

一気読みでしたね。

ビデオもありましたので、見てみました。

う~~~ん 面白い!!そして怖いわ!

b0058808_2258381.jpg


内容(「BOOK」データベースより)
あの血みどろの逃亡劇から7年―。FBI特別捜査官となったクラリスは、麻薬組織との銃撃戦をめぐって司法省やマスコミから糾弾され、窮地に立たされる。そこに届いた藤色の封筒。しなやかな手書きの文字は、追伸にこう記していた。「いまも羊たちの悲鳴が聞こえるかどうか、それを教えたまえ」…。だが、欧州で安穏な生活を送るこの差出人には、仮借なき復讐の策謀が迫っていた。


b0058808_22583659.jpg


内容(「BOOK」データベースより)
FBIアカデミイの訓練生スターリングは、9人の患者を殺害して収監されている精神科医レクター博士から〈バッファロゥ・ビル事件〉に関する示唆を与えられた。バッファロゥ・ビルとは、これまでに5人の若い女性を殺して皮膚を剥ぎ取った犯人のあだ名である。「こんどは頭皮を剥ぐだろう」レクター博士はそう予言した…。不気味な連続殺人事件を追う出色のハード・サスペンス。
[PR]
# by 1961ns | 2007-05-23 23:01 | お気に入りの本

陰陽師だけではないのです。

夢枕獏先生の書評読みますと、陰陽師が非常に多いです。

確かに面白い話なんですが、それだけではないんです。

もっともっと色々あるんです。みなさん!!

とりあえず『大帝の剣3』<飛騨大乱編> <天魔望郷編>出ました!!

b0058808_22502325.jpg


めっちゃワクワクドキドキです。
[PR]
# by 1961ns | 2007-05-23 22:52 | お気に入りの本

バッテリーⅥ あさのあつこ

やっと出ました『バッテリーⅥ』です。
最終話なんです。

読んでみてください。おすすめです。

文章が上手ですよね。(プロですから)

b0058808_22295367.jpg


■おすすめコメント 
ついに横手二中との運命の試合の日が迫る。巧と豪のバッテリーがたどり着いた結末とは、そして試合の行方は──!? 大ヒットシリーズ「バッテリー」の完結巻が、ついに登場!
[PR]
# by 1961ns | 2007-04-16 22:31 | お気に入りの本

赤い指 東野圭吾

わりに期待して読んだのですが・・・。
ストーリーが読めてしまったのは僕だけでしょうか?

東野さんの得意の最後を期待していたのですが、あっさりと話が終わってしまったような・・・。

b0058808_222428.jpg


出版社 / 著者からの内容紹介
直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、ついに登場! 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。ひとつの事件を中心に描き出されるさまざまな親子像。東野圭吾にしか書き得ない、「家族」の物語。
『放課後』でのデビューから数えてちょうど60冊目にあたる記念碑的作品。

内容(「BOOK」データベースより)
犯罪を越えたその先に、本当の闇がある。二日間の悪夢と、孤独な愛情の物語。
[PR]
# by 1961ns | 2007-04-16 22:25 | お気に入りの本

13階段 高野和明

結構文章が易しく、さくさく読めました。

ひとりの死刑囚の冤罪を晴らしていく小説ですが、結構生々しい描写も出てきます。
死刑を実行するためには、いろいろな、本当にいろいろな人々がかかわっているんだなあと素直に思いました。
死刑というのは、それほどの大変なことだと始めて思いました。
刑務官の仕事、検察官の仕事、検察庁の仕事・・・とても重過ぎて僕には出来ません。
死刑存続とか、死刑廃止とか、簡単に考えていた方はぜひ読んでみてください。
b0058808_12314084.jpg


※出版社/著者からの内容紹介※
第47回江戸川乱歩賞受賞作!

選考委員が満場一致で選出!

無実の死刑囚を救い出せ。期限は3ヵ月、報酬は1000万円。喧嘩で人を殺し仮釈放中の青年と、犯罪者の矯正に絶望した刑務官。彼らに持ちかけられた仕事は、記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすことだった。最大級の衝撃を放つデッド・リミット型サスペンス!


内容(「BOOK」データベースより)
無実の死刑因を救い出せ。期限は3ヵ月、報酬は1000万円。喧嘩で人を殺し仮釈放中の青年と、犯罪者の矯正に絶望した刑務官。彼らに持ちかけられた仕事は、記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすことだった。最大級の衝撃を放つデッド・リミット型サスペンス!第47回江戸川乱歩賞受賞作。
[PR]
# by 1961ns | 2007-02-13 12:31 | お気に入りの本

魂萌え 桐野夏生

なんか、まったりしてしてしまいます。

超現実小説では?

b0058808_21381540.jpg


出版社/著者からの内容紹介
ささやかな<日常>に、豊饒な世界を描き出した、再生と希望の物語。
夫婦ふたりで平穏な生活を送っていた関口敏子、59歳。63歳の夫・隆之が心臓麻痺で急死し、その人生は一変した。8年ぶりにあらわれ強引に同居を迫る長男・彰之。長女・美保を巻き込み持ちあがる相続問題。しかし、なによりも敏子の心を乱し、惑わせるのは、夫の遺した衝撃的な「秘密」だった。
『OUT』や『柔らかな頬』、『グロテスク』同様、世間という荒波を、揺らぎながら漂流していく主人公。これまでの作品のような犯罪は出てこない代わりに、人々の日々の細部が、丹念につづられていく。
「これから先は喪失との戦いなのだ。友人、知人、体力、知力、金、尊厳。数えだしたらキリがないほど、自分はいろんなものを失うことだろう。老いて得るものがあるとしたら、それは何なのか、知りたいものだ」(本文より)
たったひとりで、老いと孤独に向き合うことを決意する主人公。世間と格闘しながら、変貌を遂げていく敏子の姿は、読む者に大きな希望を与えてくれる。私たちが生きる、ささやかで儚い日常という世界を舞台に、著者の新たな代表作が誕生した。

内容(「BOOK」データベースより)
夫の急死後、世間という荒波を漂流する主婦・敏子。六十歳を前にして、惑う心は何処へ?ささやかな“日常”の中に豊饒な世界を描き出した桐野夏生の新たな代表作。
[PR]
# by 1961ns | 2007-01-11 21:38 | お気に入りの本